RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。データ分析(Python、機械学習コンペ他)や自作野球ゲームMeisyoのこと中心。

Meisyo

[Meisyo] 雑記20200731

投稿日:

今考えていること

ユーザー数増加は続けたい

ここ2週間の施策でDAUが20%くらい増加しました。
コメントいただいた方、ありがとうございます。
Twitterでコメントを頂くこともありました。

一時期、新規ユーザーが完全に離脱することになっていたので、とても低迷していました。
戻ってきていただいている方もいて、ありがたい限りです。

アイテム獲得量の増加

今後、特訓はミニゲーム付き or なしを選べる状況にしようと思ってます。
1. なしは報酬固定&ランダムアイテム獲得、
2. ミニゲーム付きはゲーム自体はランダム選択ですが、難易度を選択できます。クリア難易度が高ければ高いほど良いアイテムが出る可能性を上げたいと思います。
(その分、探索もアイテム量増加を検討中です)

強化周りの半自動化

強化の試行回数が多いため、模擬戦のような半自動化を検討しています。
必要アイテム量は変えない予定ではあります。

表示系の改良

外野へのヒットがゴロまたはフライかひと目で確認できるようにする。

データ周りの追加

打撃・投球データに対戦選手のIDを追加します。
どの選手に対して有利か不利かを判断できるようにする予定。

試合の守備アルゴリズム周りの調整

まずは適正化。
次に、今は投手・打撃ゲーになっているので、守備を強くする予定です。
どのパラメータを選んでも勝てるようにしたい。
あとはこのパラメータはこれが苦手、みたいな形にできるとなお良いが…。

個人的な感想

ホントに勝てない相手が出てきたので、色々と試行錯誤するのだけど勝てない…
上位陣が本当に選抜された投手と野手の組み合わせが強すぎる。
(運ゲーだと思ってました。すみません。)

過去に活躍した選手も、監督リセット+選手リセット複数を使って第一線に復帰させることができた。
ただ、やはり元々のステータスを生かさないともったいないな…。
守備固めにしていた選手が、意外とベースの打撃能力が高いなということで再利用してます。
いつの間にか育てたい選手のLvを上げれるようになるのが楽。犠牲はつきものですが。

その分オリジナル選手(投手)の育成が遅れてますorz
速球S120超え行けそうな逸材なんやが…ゲーム内ポイントが足りない。
だいたい意図した内容にはなっているものの、作者にも把握しきれない共変量が多すぎて難しい(楽しい)です!

今後のストーリーはどちらかというと「高校野球」に疑問符を投げかける内容になりそうです。
お楽しみに。

-Meisyo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[Meisyo]ソースコードから学ぶ試合の基礎設計1

ワンボタンで監督始点の高校野球の試合を楽しめる名将と呼ばれた者達。その試合中には、多くのアルゴリズムが活躍しています。 ここでは、試合の設計を理解することで強いチームを作る指針を記載しておきます。 ソ …

Webサイトの更新を続ける秘訣

何かを続けることって辛くありませんか? 実は・・・続けることに努力は必要ありません。 あなた自身に対して合う方法を設定すれば、うまくいきます。 更新を続ける秘訣 報酬を設定する やる時間を決める やら …

[Meisyo]ビッグデータから学ぶ試合の基礎設計2

名将と呼ばれた者達、めちゃくちゃソースコードが長い(この記事) ここでは、「どのパラメータが打率等にどれくらい関係するのか」を理解することで強いチームを作る指針を記載しておきます。 というわけで27- …

[Meisyo] ver 0.32 リリース情報と2020年4月以降の開発予定について

名将と呼ばれた者達をver 0.32にアップデートします。 更新概要 1・探索の追加 2・探索の追加に伴うゲームバランスの再調整 更新詳細 探索の追加 アイテムを発掘できる動的なゲームシステムを追加し …

[Meisyo] アップデート方針2020.06

いろいろと更新していましたが、こちらに記載を忘れていました。 今後のアップデート方針を記載します。 今後の方針 1・新規向け:新規登録後の継続者を増やす  1・データ分析   基盤ができているので、ま …

筆者情報

名将と呼ばれた者達(Meisyo)公式ブログ
ゆっくりとした時間間隔で進行する高校野球チーム育成シミュレーションゲーム。
個性豊かな選手たちを育成し、監督としてチームを優勝に導こう!

ご連絡はTwitter(R@おいす)でしていただけると、すぐ反応できます。

メインサイト:Rの考え方

気に入ったらクリックしてね!