RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。データ分析(Python、機械学習コンペ他)や自作野球ゲームMeisyoのこと中心。

Web制作 VPS

(VPSでつくる) NginxでHello World

投稿日:2021年5月4日 更新日:

連載第三回目です。
WebサーバーであるNginxをインストールして、オンライン上でアクセスしてみましょう。

今回の工程で、オンラインからWebサイトの閲覧が可能になります。

この記事は、VPSで作るPythonでのWebアプリ運用環境の連載記事です。
その他については上記ページをお読みください。

Nginxの選定理由

Apacheより処理速度が速く、複数アクセスに耐えやすいからです。
詳しくは、【入門】Nginx(エンジンエックス)とは?Apacheとの違いと初期設定をご覧ください。

1. Nginxのインストール準備

Nginx 公式サイトを参考に進めます。

まずは、VPSサーバーへログインします。

Nginxは公式でリポジトリを公開しているので、yumコマンドでインストールするための準備を行います。
まず、ファイル作成+エディタを開くコマンドを下記で行います。

sudo vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo

viエディタが開いたら、下記の内容を入力します。

[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://NGINX.org/packages/centos/7/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

コピペするなら、コピーして、TeraTerm上で右クリックをしてください。
※先頭の数文字が欠ける場合がありますので注意してください。

viエディタを終了するために、Escキーを押して、:wq(書き込んで(w)終了する(q))コマンドを入力します。

最後に、nginxのリポジトリの情報が読めるか確認しておきましょう。

sudo yum info nginx

下記のような表示が出てくればOKです。

2. Nginxのインストール

リポジトリを前の手順で用意したので、下記コマンドでインストールしてみましょう。

sudo yum install nginx

yes/noを聞かれると思いますが、基本y(yes)でOKです。

インストールが終了すると、下記のように表示されます。

3. Nginxの起動

インストールができたので、Nginxを起動してみましょう。

sudo systemctl enable nginx # 自動起動設定をONにする
sudo systemctl start nginx # 起動する

起動できました・・・が、この状態だとまだWebサイトにアクセスできません。

※ちなみに、停止は下記のコマンドで可能です。

sudo systemctl stop nginx

4. さくらVPSコントロールパネルでの設定

さくらVPSはパケットフィルタと呼ばれる、開放ポートを制限する機能があります。
デフォルトで設定した場合は、SSH接続(TeraTermでのアクセス)のみ可能HTTP接続はできません。
そのため、下記のようにWeb(と後で使うFTP)のパケットフィルタの設定をしてください。

パケットフィルター — さくらの VPS マニュアル

5. Webサイトへアクセス

最後に、あなたのサイトへアクセスしてみましょう。

VPSコントロールパネルにアクセスして、下記のように各サーバーごとにIP(XXX.XXX.XXX.XXX)またはホストアドレスが記載されていますので、そちらをコピーしてください。

例として下記のようなURLになります。
http://tk2-211-15368.vs.sakura.ne.jp

アクセスしてみて、下記のように表示された場合はOKです!

おつかれさまでした。
以上でインストールは完了です。 設定ファイルや公開ディレクトリなどのパスは下記の通りです。

パス 説明
/etc/nginx/ Nginxの設定ファイルが色々と入っている
/etc/nginx/nginx.conf Nginx設定ファイル
/var/log/nginx/ ログ保存ディレクトリ
/usr/share/nginx/html/ WEBサイトの公開ディレクトリ

ディレクトリ内のファイル・ディレクトリを見る場合は、下記コマンドを使用します。

ls /etc/nginx

ファイル内を見る場合は、下記コマンドを使用します。

vi /etc/nginx/nginx.conf

おわりに

Nginxを使いWebサーバーを構築することができました。
方法さえ分かっていれば、非常に簡単だったと思います。

今後は、Pythonなど動的コンテンツが扱えるAPサーバーとしてNginx Unitを導入し、NginxやPythonの仮想環境であるvenvと接続していきます。そのためには、設定ファイルなどを直接編集する必要があるので、そこも詳しく説明します。

この記事は、VPSで作るPythonでのWebアプリ運用環境の連載記事です。
次は、4. Pythonのバージョンを2.7.5から3.6.8にするです。

-Web制作, VPS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

[PHP]まとめ読みをPSRで改良する(4)

まとめ読みをPSRで改良する(3)から約一週間。 こんがらがっていた頭の中がすっきりして、なんとなくですがオブジェクト指向がわかってきたような気がします。 オブジェクト指向で大事そうなのは、機構(機能 …

[Meisyo]野手起用法設定の導入検討

コメントいただきました。 面白いなこれは・・・一人で開発してもいいもんじゃないですね。ありがたいです。 導入は時間が出来たらします!

[Meisyo] Viewは不要!SQL処理高速化方法

今回の問題は、対戦成績をデータ分析用に選手対選手で個別に保存していたことから始まります。 選手個人の総合成績をView処理で出力しまいした。 ただ・・・インデックス等がないのでめっちゃ計算時間が掛かる …

(VPSでつくる) PythonでMariaDB(MySQL)へ接続できるアプリを触ってみよう

連載第十一回目です。 Python3.6.8+FlaskでMariaDBに接続・データベースを編集するアプリを動作させる設定を行い、動作確認します。 この記事は、VPSで作るPythonでのWebアプ …

no image

[PHP]ベンチマークサイトの紹介

あなたは表示速度が「速い」サイトと「遅い」サイト、どちらがいいですか? 「速い」サイトの方がいいですよね! 「速い」サイトは「速くする」関数の使い方が上手です。 PHPのベンチマーク(いろいろな関数の …