RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。

Web制作

PHPで祝日判定

投稿日:2013年10月28日 更新日:

elephpants-side
PHP 祝日判定で検索すると、「GoogleカレンダーAPIで祝日を取得する」ばかりです。
しかし、GoogleカレンダーAPIは抜け落ちている祝日が存在することが知られています。

今回は、抜け落ちが無いようなコードをお伝えします。すごく原始的なやり方です。

1.「$holidays」に休日を格納

無名関数を使用しているため、動作環境はPHP5.3以上が必要です

$holidays = function(){
	$holidays = array();
	$file_array = file("./holiday.log");
	for($i=0;$i<count($file_array);$i++){
		if($file_array[$i]){
			$file_array[$i] = str_replace(array("\r\n","\r","\n"),'',$file_array[$i]);
			$val = explode(',',$file_array[$i]);
			$holidays["$val[1]"] = $val[0];
		}
	}
	return $holidays;
};

2.祝日用ファイル「holiday.log」を設定

以下のデータを「holiday.log」にコピーして保存。

3.判定

配列「$holidays」の中に全て格納されています。
keyの形式は「year/month/day」(例:2013/1/1)であり、
valの出力は「祝日名」(例:$holidays[“2013/1/1”]で「元旦」)となっています。

4.祝日法が変わった場合には

祝日についてのトップページの少し下にある、祝日一覧に、入手したい年を記入して「Outlook祝日更新」をクリックします。

そうすると新しいウィンドウが出てくるので、下の方にある【 *~*年 Outlook 祝日更新データ 】を確認してください。

以下のようなデータが出てくると思います。(例:2013~2015年)

一番上の[日本] 51だけを外したデータを「holiday.log」にコピー&ペーストします。

そして、アップロードすると完了です。

5.注意点

異常なデータを削除する機能は付いていませんのでご注意ください。

-Web制作

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

[PHP]まとめ読みをPSRで改良する(4)

まとめ読みをPSRで改良する(3)から約一週間。 こんがらがっていた頭の中がすっきりして、なんとなくですがオブジェクト指向がわかってきたような気がします。 オブジェクト指向で大事そうなのは、機構(機能 …

[Python] 機械学習での変数選択自動化(SVRを例に)

今回、会社のコンペで255というとんでもない量の変数を扱うことになりました。 価格予想を行うコンペです。 今回のデータのおさらい データ量は1500程度。8:2で分けると検証データが300しかないすご …

no image

PHP5.5から使える暗号化「password_hash」を「password_compact」を使って以前のバージョンで利用する

PHP最高の暗号化法としてPHP5.5から使える「password_hash」があります。 でもそれを、5.5未満のバージョンで使いたい! 特に私が使っている、さくらインターネットのサーバーはPHP …

[Meisyo]試合一球分析用DBの追加

試合で一球ごとの分析用DBを追加しました。 なぜかというと、試合での投手vs打者における投球と打撃結果の因果関係が分からなかったからです。 もっとカンタンニシテ・・・ 例えば・・・ どのコースは打たれ …

no image

iPhoneアプリを開発してみよう

最近ずっとiPhoneアプリで遊んでて、 「なんか頭使うゲームないな?」と思い(”本質的には育成ゲー”が多すぎてゲンナリ) 「複数人でのRTS」があればな~と。 「他ゲーに文句 …