RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。データ分析(Python、機械学習コンペ他)や自作野球ゲームMeisyoのこと中心。

Meisyo

新ゲームタイトル Meisyo+(仮)の開発決定・ゲームコンセプトについて

投稿日:2021年8月9日 更新日:

東京オリンピックが終わりましたね。
野球が稲葉監督の元、優勝し、強かったなーと思っているこの頃です。

今回、名将と呼ばれた者達(Meisyo)の新タイトル、Meisyo+(仮)を開発することにしました。
ゲームコンセプトを変え、よりシミュレーション要素を入れた、プレイ時間がより必要になるシステムを採用する予定です。

テストプレイメンバーは近日中に募集を開始する予定です。

開発理由

大きくは3つあります。

  1. プレイ人口を増やせる可能性が高い
  2. コンセプトを達成するためには、プログラム言語の能力が足りていない
  3. 収益が見込める

1. プレイ人口を増やせる可能性が高い

まずは、多くの人に継続的にプレイをしてもらいたいと以前から思っています。
現在は月150名程度ですが・・・月1万名など、中堅ソーシャルゲーム以上の人口を獲得したいと思っています。

このゲームは、人が増えれば増えるほど戦略が必要になって楽しくなるゲーム性ですし、
考えて、試して、誰も知らないあなたなりの答えを見つけることは、人が多いと色々考慮できますしね!
人が多いほど人が増えるというネット上の特性もありますし、拡大は進めていきたいと思っています。

かつ、「3. 収益が見込める」に関連しています。
現状、ゲーム収入広告費をはじめとする運営費を上回っています。
ROIで言えば3倍くらい(人件費抜き)ですね。
つまり、広告費をもっとかければプレイ人口を増やせるのでは?と思っています。

2. コンセプトを達成するためには、プログラム言語の能力が足りていない

Meisyoでは、バックエンドをPHP5(CakePHP2)で書いています。
ただ、処理が遅くて実装できていないことが多いです。
たとえば、投球1球ごとのデータ保存・分析等ですね。
敵投手の配球を分析し、読み勝ちすることも今のところ出来ません。

本来Meisyoで使用したいスポーツアナリティクスには、データ分析やさらに高度な分析能力(機械学習他)が必要ですが、、PHPではフルスクラッチ(全部自作)で実装しないといけません。つらい。

そのため、Meisyo+をPython(Flask2)で実装します。
機械学習やその他分析モジュールも使えるようになるので、可視化等も簡単にできるようになります。

Meisyo+では、追加練習(特訓)を現実に近い下記のようなものを想定しています。

  1. 投球実践
  2. 投球実践をしたい投手を選びます。打者はオーダー通りです。
    27アウトを取られるまで、チェンジありで試合を続けます。

  3. フリー打撃
  4. 打撃実践をしたい打者、対戦するフリー打撃投手NPCを選びます。
    27アウトを取られるまで、チェンジありで試合を続けます。
    打者本来の打撃能力や長打・HR率を確認するために利用する想定です。
    *フリー打撃投手NPC: ストレートしか投げないNPC投手。Meisyoの「そこのお前」のようなモノ。

  5. 打撃実践
  6. 打撃実践をしたい打者、対戦する投手を自校から選びます。
    27アウトを取られるまで、チェンジありで試合を続けます。

  7. 守備練(全体)
  8. 1000本?ノックを全選手に分散して行います。
    練習後、守備範囲を表示します。
    *守備範囲: どこに球が飛んで、ヒットorアウトだったのか可視化

  9. 守備練(個別)
  10. 1000本?ノックを特定の選手に行います。
    練習後、守備範囲を表示します。
    *守備範囲: どこに球が飛んで、ヒットorアウトだったのか可視化

  11. 紅白戦
  12. スタメン(紅軍)とそれ以外の自動選定チーム(白軍)で試合を行います。

Meisyoでは、他校の選手(のコピーを作り出して)と対戦することが可能でしたが、Meisyo+では自チーム内のみの対戦を想定しています。
Meisyo+では他校との対戦は、練習試合または模擬戦で行ってくださいというスタンスになります。その分、模擬戦の実行がチケット入手等を含め楽になる予定です。

データ分析をより細かくできるようになる&試合処理を改善したので、上記のようにシミュレーション系を多くしたいなと思っています。
その分、プレイ時間がよりかかるかなと思っています。

3. 収益が見込める

これまでは趣味の範疇でしたが、黒字になったのでちょっと希望を見出しています。

実績は下記の通りです。
表示数は1.5万とまだまだですが、いけるんでね?と思ってます。

CTR等も表示場所、方法によって大きく変わるので追加検討していきたいですね。

ただ、ゲームコンセプトが失われないようにしていきたいです。

少額のお金のためにコンセプトがぶっ壊れて、誰も遊ばなくなるのはヤですから。

コンセプトシート

PJ_Meisyo+

※追記(08/27)
データ教育のための機能を作成します。
ゲームとしてできること、教育資材としてできることは違うと思いますん土江、そちらにも対応していきたいと思います。

最後に

コンセプトは以前発表していた[Meisyo] ゲーム内容刷新予定についてを参考にしてはいますが、大きく異なることもございます。ご了承ください。

-Meisyo

執筆者:


  1. […] こんばんは。 新ゲームタイトル Meisyo+(仮)の開発決定・ゲームコンセプトについてで開発を進めていたMeisyo+について、9/1にリリースすることができそうです。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[Meisyo] 雑記20200731

今考えていること ユーザー数増加は続けたい ここ2週間の施策でDAUが20%くらい増加しました。 コメントいただいた方、ありがとうございます。 Twitterでコメントを頂くこともありました。 一時期 …

ログがサービス改善の命

Meisyoでは常にログを取って、「ユーザがどこで困ってそうかな」を探し続けています。 探す方法はいたって簡単。 (何か問題があると考えて)ログを眺める 今回のアップデートでは、アイテムの購入数を選択 …

[Meisyo] 練習の不均衡是正

練習に不均衡が生じているので、アップデートで改善します。 ちなみに練習の方法自体を変更しようと思っています。 すぐには実装しません。(案が固まっていないです) 基本的に平均が150より大幅に高い(また …

特訓の追加について

練習に特訓を追加しました。 特訓の実装目的は、 1. 選手発掘の迅速化 2. 特定の選手の育成 です。 meisyoはステータスが絶対的ではないので、(なんとなく)良い選手を発掘することが重要です。 …

ゲームデータで学ぶSQL(初級編)

近年のデータサイエンスブームをきっかけに「SQLを学びたい」と思った方へ。 そう思ったところで、壁になってくるのは実データの入手です。 私は職業としてデータサイエンス関連の業務に従事していますが、キレ …