RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。

Python データサイエンス

[python]決定木(CHAID)のテストと可視化(未完成)

投稿日:

意思決定のために使用される決定木分析

scikit-learnにはCART(giniまたはentropy)が採用されています。
これは2分岐しかせず、実務では単純すぎる、過学習させる等の理由から使われていません。

実務ではCHAID(カイ二乗値)が使われています。
利点としては、以下の2点が大きいです。
・多分岐
・過学習する前に学習を止める

ただ一般的なライブラリがないので、今回はライブラリのCHAIDを紹介します。

SPSS等との差分は未検証です。
検証が終了次第、追記させていただきます。

-Python, データサイエンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[Anaconda]Anacondaが動かない!TypeError: expected str, bytes or os.PathLike object, not NoneType

Anaconda Navigatorが起動できません。 昨日まで動いていたのに・・・。 エラー文はこちら TypeError: expected str, bytes or os.PathLike o …

[Python] tensorflow_datasetsで詰まったとき

「図解速習 DEEPLEARNING」で自己環境(Windows)で学習していました。 tensorflow_datasetsって何だ・・・? import tensorflow_datasets a …

[python]MNISTの学習モデルを保存し、テストする

機械学習のHello World的なMNISTにて、学習モデルを保存し、実行する際のメモ。 用意するもの PC コマンドプロンプト インストール(python、sklearn、numpy) 学習時のコ …

Jupyter Notebook「7ブロック」でかんたん複数動画のフレームの切り出し(Movie To Image)

はじめに 機械学習のために、動画から画像のデータセットを取り出す必要がありました。 動画 → 画像の変換には多くのフリーソフトはありますが、 今回使おうとした「MOV」ファイルが読み込めるまともなフリ …

[Kaggle] Titanic 約80% by ランダムフォレスト

実力不足感が否めませんが、Kaggleのチュートリアル的なTitanicにおいてランダムフォレストで正答率約80%を出せたのでコードを載せておきます。 Colaboratory 実施期間:2019/0 …