RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。

Web制作 Python

手書き数字診断士(機械学習)を作り始めました

投稿日:

Python(Flask)+機械学習の勉強がてら、「手書き数字診断士」を作っています。

元ネタは2chの中小企業診断士です。
「う~ん、これは中小企業!w」

やること

1・index.html
 1. canvasに手書きで文字を書けるようにする(280×280)
 2. canvasを送信できる
 3. save.htmlで保存した間違いを殿堂入りとして表示
2・result.html
 1. canvasのデータを画像で受け取って配列データ化(280×280)
 2. MNISTの28×28に変換(Max-Pooling?)
 3. 判断→「う~ん、これは0!w」
 4. 正解かどうかチェックしてもらう or 間違えたら正解と名前を保存(save.htmlへ)
3・save.html
 1. 間違えた画像データを保管。

2’・機械学習
 1. mnistを使って予め学習。(何個かモデルを用意しとく)

できたこと

1-1まで終わった。
コード詳細は下記「現在のコード」にて。

できていないこと

1-2 canvasを送信できる、が厄介。
・canvasを画像データにすること
・Flaskでのformのやり取りが不明(wtformとは)
 → 使わなければいいじゃん・・・

解決策たち

他の人のコード見て動かすしかないですね。
・https://deep-ize.jp/hcr/
・https://icondecotter.jp/blog/2013/01/31/canvas-todataurl%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%86/
・https://qiita.com/0829/items/a8c98c8f53b2e821ac94
・https://www.google.co.jp/search?q=canvas.toDataURL()&oq=canvas.toDataURL()&aqs=chrome..69i57j69i61&sourceid=chrome&ie=UTF-8

現在のコード

<html>
<head>
<meta charset='utf-8'>
<title>手書き数字診断士「う~ん、これは0!w」</title>
</head>
<body>
<h1>手書き数字診断士</h1>
<form method="POST">
<input type=submit value="診断!"><br />
<a href="./test.html">もう一度行う</a><br />
<input type=hidden name=text value="10">
<p id="comment">「・・・」</p>
<canvas id="canvas" name="canvas" width="280" height="280" style="border: 1px solid #eee;"></canvas><br>
</form>
<script type="text/javascript">
<!--
  // https://kigiroku.com/frontend/canvas_draw.html
	var drawing = false;
	// 前回の座標を記録する(初期値:0)
	var before_x = 0;
	var before_y = 0;

	var canvas = document.getElementById('canvas');
	var ctx = canvas.getContext('2d');

	canvas.addEventListener('mousemove', draw_canvas);
	// マウスをクリックしてる時
	canvas.addEventListener('mousedown', function(e) {
		drawing = true;
		var rect = e.target.getBoundingClientRect();
		before_x = e.clientX - rect.left;
		before_y = e.clientY - rect.top;
	});
	// マウスをクリックしてない時
	canvas.addEventListener('mouseup', function() {
		drawing = false;
	});

// 描画の処理
function draw_canvas(e) {
	// drawingがtrueじゃなかったら返す
	if (!drawing){
		return
	};
	var rect = e.target.getBoundingClientRect();
	var x = e.clientX - rect.left;
	var y = e.clientY - rect.top;

	// 描画
	ctx.lineCap = 'round';
  ctx.strokeStyle = 'black';
	ctx.lineWidth = 10;
	ctx.beginPath();
	ctx.moveTo(before_x, before_y);
	ctx.lineTo(x, y);
	ctx.stroke();
	ctx.closePath();
	// 描画最後の座標を前回の座標に代入する
	before_x = x;
	before_y = y;
}
//-->
</script>
</body>
</html>

-Web制作, Python

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

PHPのコーディング規則、PSRを学ぶ(1)

PHPはかなり自由に書けることが魅力なのですが「自由に書ける」=「独自化する」=「その人以外わからない」等式が成り立ってしまいます。 これは困った。 つまり、コーディング(コードの書き方)の一般的な規 …

no image

ユーザーのフォントを統一できる、Google Fontsの紹介

Web制作で困ることが多いのは「ユーザー全員が使えるフォントがない」ことでしょう。 ユーザーのパソコンに入っているフォントによって見え方が異なるためです。 つまり「見え方が統一できない」ことが多いです …

[Meisyo]ビッグデータから学ぶ試合の基礎設計4

ここでは、「どのパラメータが打率等にどれくらい関係するのか」を理解することで強いチームを作る指針を記載しておきます。 機械学習(重回帰分析)を使って本気で遊んでます。 実際のデータセットはこちら 野手 …

[SQL]URLから正規表現でホストの抽出

他のサイトの説明が釈然としなかったので投稿。 以下のref0~2番のホストを抽出したいとする。 ref[0] = "http://www.other.com/path1/index.php? …

[Meisyo]ver0.04へのアップデート

Meisyoがバージョン0.04になりました。 バージョンNo.の基準はありません。(1.00(正式リリース)が遠い) 下記機能が0.04で追加されました。 目的としては、「ユーザがゲームを長く楽しめ …