RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。

Web制作 Python

手書き数字診断士(機械学習)を作り始めました

投稿日:

Python(Flask)+機械学習の勉強がてら、「手書き数字診断士」を作っています。

元ネタは2chの中小企業診断士です。
「う~ん、これは中小企業!w」

やること

1・index.html
 1. canvasに手書きで文字を書けるようにする(280×280)
 2. canvasを送信できる
 3. save.htmlで保存した間違いを殿堂入りとして表示
2・result.html
 1. canvasのデータを画像で受け取って配列データ化(280×280)
 2. MNISTの28×28に変換(Max-Pooling?)
 3. 判断→「う~ん、これは0!w」
 4. 正解かどうかチェックしてもらう or 間違えたら正解と名前を保存(save.htmlへ)
3・save.html
 1. 間違えた画像データを保管。

2’・機械学習
 1. mnistを使って予め学習。(何個かモデルを用意しとく)

できたこと

1-1まで終わった。
コード詳細は下記「現在のコード」にて。

できていないこと

1-2 canvasを送信できる、が厄介。
・canvasを画像データにすること
・Flaskでのformのやり取りが不明(wtformとは)
 → 使わなければいいじゃん・・・

解決策たち

他の人のコード見て動かすしかないですね。
・https://deep-ize.jp/hcr/
・https://icondecotter.jp/blog/2013/01/31/canvas-todataurl%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%86/
・https://qiita.com/0829/items/a8c98c8f53b2e821ac94
・https://www.google.co.jp/search?q=canvas.toDataURL()&oq=canvas.toDataURL()&aqs=chrome..69i57j69i61&sourceid=chrome&ie=UTF-8

現在のコード

<html>
<head>
<meta charset='utf-8'>
<title>手書き数字診断士「う~ん、これは0!w」</title>
</head>
<body>
<h1>手書き数字診断士</h1>
<form method="POST">
<input type=submit value="診断!"><br />
<a href="./test.html">もう一度行う</a><br />
<input type=hidden name=text value="10">
<p id="comment">「・・・」</p>
<canvas id="canvas" name="canvas" width="280" height="280" style="border: 1px solid #eee;"></canvas><br>
</form>
<script type="text/javascript">
<!--
  // https://kigiroku.com/frontend/canvas_draw.html
	var drawing = false;
	// 前回の座標を記録する(初期値:0)
	var before_x = 0;
	var before_y = 0;

	var canvas = document.getElementById('canvas');
	var ctx = canvas.getContext('2d');

	canvas.addEventListener('mousemove', draw_canvas);
	// マウスをクリックしてる時
	canvas.addEventListener('mousedown', function(e) {
		drawing = true;
		var rect = e.target.getBoundingClientRect();
		before_x = e.clientX - rect.left;
		before_y = e.clientY - rect.top;
	});
	// マウスをクリックしてない時
	canvas.addEventListener('mouseup', function() {
		drawing = false;
	});

// 描画の処理
function draw_canvas(e) {
	// drawingがtrueじゃなかったら返す
	if (!drawing){
		return
	};
	var rect = e.target.getBoundingClientRect();
	var x = e.clientX - rect.left;
	var y = e.clientY - rect.top;

	// 描画
	ctx.lineCap = 'round';
  ctx.strokeStyle = 'black';
	ctx.lineWidth = 10;
	ctx.beginPath();
	ctx.moveTo(before_x, before_y);
	ctx.lineTo(x, y);
	ctx.stroke();
	ctx.closePath();
	// 描画最後の座標を前回の座標に代入する
	before_x = x;
	before_y = y;
}
//-->
</script>
</body>
</html>

-Web制作, Python

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[Meisyo]試合一球分析用DBの追加

試合で一球ごとの分析用DBを追加しました。 なぜかというと、試合での投手vs打者における投球と打撃結果の因果関係が分からなかったからです。 もっとカンタンニシテ・・・ 例えば・・・ どのコースは打たれ …

no image

cakePHPの取り扱いを開始しました

ご無沙汰しております。 とりあえず初心者のためのCakePHP2.0 プログラミング入門でcakePHPを使えるようにして、 ミニ四駆ブログまとめを改良して、 野球ゲーム(baseball onlin …

no image

[PHP]ベンチマークサイトの紹介

あなたは表示速度が「速い」サイトと「遅い」サイト、どちらがいいですか? 「速い」サイトの方がいいですよね! 「速い」サイトは「速くする」関数の使い方が上手です。 PHPのベンチマーク(いろいろな関数の …

手書き数字診断士(機械学習)ver 0.1 K近傍法を使ってみた

手書き文字の判定精度が全然上がらないので、他の手法を試してみました。 sklearnの開発元によると、以下の方法が良いらしい・・・。 なるほど!SVCで上手くいかない → K近傍法だな! 早速実装 p …

Google Driveを使ってXAMPP+CakePHPのドキュメントルートを共有する in Windows

どこでも同じように作業がしたい。 デスクトップでも、ノートでも。 無論、サーバー(XAMPP)も同じように動かしたいな ・・・ということで、Google Driveを使って環境を構築していきます。 今 …