RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。データ分析(Python、機械学習コンペ他)や自作野球ゲームMeisyoのこと中心。

Web制作 Meisyo データサイエンス

[Meisyo] 練習の不均衡是正

投稿日:2019年8月25日 更新日:

練習に不均衡が生じているので、アップデートで改善します。

ちなみに練習の方法自体を変更しようと思っています。
すぐには実装しません。(案が固まっていないです)

基本的に平均が150より大幅に高い(または200に局在している)練習が下方修正、
平均が150より大幅に低い練習が上方修正の対象になります。(game14(Tofu)だけ除外)

下方修正

・game11
 他と違う数のパネルをクリックしてポイントを稼げ!
・game13
 クリックして塗りつぶせ!
・game2
 正確に打ち込め!
・game8
 色を見極めてタッチしろ!
・game9
 他と違う色のパネルをクリックしてポイントを稼げ!

以上です。

練習の方法の変更について

「より現実に即した練習方法に変更するため」です。

現在は、「なぜその練習を行うのか?」という理由がないので、とてもちぐはぐに見えます。

例えば・・・

(1) 反応の練習をしたい

(2) 反応練習をクリック

(3) 練習「文字が見えたらクリックしろ!反応速度を極めろ!」が出てくる

(4) プレイ結果で練習効率が上下し、反応関連の練習を行っている選手に追加ポイント付与

のように、ストーリー性がないのです。

「〇〇をしたい」から出ていないので、やらされ感が出る(→なんでやってるかわからない→止める)のではないかと。

そのため、下記のような練習を追加する予定です。
「打撃練習(ミート・パワー・反応)」→ 飛んでくるボールにミートを合わせて打つ(トスバッティング)、できるだけ素早く素振りする(タイミングよく)
「パワー」→ ものを持ち上げる(数多くタップする)、モノを持ち上げて下ろす(押しっぱなし~放すをタイミングよく)
「走力」→ 反復横跳び(キャラが移動したら次の〇をクリックする)、腿上げ(右左の〇を順番に早くクリックする)
「肩力」→ 遠投(パワーメーター+角度メーターでの結果)、キャッチボール(相手の距離を見越して投げる)
「守備力」→ 飛んだボールを取りに行く、落下地点を予測して取りに行く(複数回)
「反応」→ 文字が見えたらクリック、

以上です。
ちょっと時間かかるかもー(^o^)/

# 追記 2019/11/25
練習は挑戦に移行しました。
基本の考え方は同じです。

-Web制作, Meisyo, データサイエンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

[Meisyo]練習に実施例を追加

練習がさらにわかりやすくなりました。 赤枠の「ミニゲーム実施例」をクリックすると・・・ その練習のミニゲームを実際に行った動画を見ることができます。 「こんな感じでやるのか~」と目標になるのかな?と思 …

no image

ミニ四駆ブログまとめ RSS読み込み速度の改善

更新時、非常に重い思いをしていたRSS読み込み速度が改善されました。 読み込み時間が約1/3くらいになったと思います。 わかったブログ – 複数のRSSフィードを高速でまとめる方法を参考に …

TensorFlowまで到達

ちょいちょい数式に詰まりながらも、DeeplearningのフレームワークTensorFlowの学習まで漕ぎ着けました。 一番困ったのは「説明無しで数式使うよ!」 マジやめてください・・・まあ勉強する …

[Meisyo+] ゲームコンセプトについて

監督視点の野球ゲームMeisyo+のコンセプトを名将と呼ばれた者達+ ゲームコンセプトにまとめました。 なぜこのコンセプトを書いたかというと、理由は3点あります。 ゲームをはじめサービスは、どのような …

[Meisyo]ビッグデータから学ぶ試合の基礎設計5

ここでは、「どのパラメータが打率等にどれくらい関係するのか」を理解することで強いチームを作る指針を記載しておきます。 [Meisyo]ビッグデータから学ぶ試合の基礎設計4の詳細版です。 今回は、右打と …