RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。データ分析(Python、機械学習コンペ他)や自作野球ゲームMeisyoのこと中心。

Web制作 Python VPS

(VPSでつくる) Pythonのバージョンを2.7.5から3.6.8にする

投稿日:2021年5月5日 更新日:

連載第四回目です。
CentOS7にインストールされているPythonのバージョンが2.7なので、バージョンアップをします。

そうしないとPythonのアプリが動きません。
なぜなら、Python2と3はプログラムの記法が違います。そりゃ動かないですよね。。

今回はpyenvを使ってPythonのバージョンを上げます。
バージョンはNginx Unitで使われている3.6.8を利用します。
3.6.8以外にする場合は、Dockerコンテナ等別途準備が必要です。(参考ページ

この記事は、VPSで作るPythonでのWebアプリ運用環境の連載記事です。
その他については上記ページをお読みください。

1. pyenvのインストール

まずは、Pythonのバージョンを確認します。
2.X.Xだと思います。

python -V # python --version も可

※もし3.X.Xになっている場合は下記工程は不要です。

続いてgitをインストールします。

sudo yum install git

pyenvのインストールを実施します。

curl https://pyenv.run | bash

実は、ウラで下記のようなコマンドが実行されています。(公式サイトより)
gitをインストールすることで、このコマンドを有効にできます。

curl -L https://github.com/pyenv/pyenv-installer/raw/master/bin/pyenv-installer | bash

※上記のインストール後に、下記工程で入力すべき文字列(*1)が表示されるので参考にしてください。

続いて、シェルの起動時にpyenvを自動的に起動するようにしておきましょう。
ファイル~/.bashrcを下記コマンドで開いてください。

vi ~/.bashrc

最後に、~/.bashrcの内容に次の文字列(*1)を追記(赤枠)します。

export PATH="/root/.pyenv/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"
eval "$(pyenv virtualenv-init -)"


※PATHの/root/部位が環境によって異なる場合があります。ご注意ください。

※シェルを再起動させた時、WARNINGが出る場合は2行目をeval “$(pyenv init –path)”に変換してみてください。
(参考:pyenv(Github) issue #1906

シェルを再起動させます。
上記の変更が反映され、pyenvが使えるようになります。

exec $SHELL

確認のため、pyenvのバージョンを表示してください。
問題なくインストールされていれば、下記コマンドでバージョンが表示されます。

pyenv --version

2. Python3のインストール

まずは、Python3をインストールする前に、Python3に必要なモジュールをインストールします。

sudo yum install zlib-devel libffi-devel openssl-devel

続いて、インストールできるバージョンを確認します。
もしPython3.6.8以外を選ぶ場合はこちらの手順を参考にしてください。

pyenv install -l

それでは、指定されたバージョン(3.6.8)をインストールします。

pyenv install 3.6.8

少し時間が掛かるので注意が必要です。フリーズしているわけではありません。

それでは、インストールされたかどうかを確認します。
今回指定したバージョンが出力されればOKです。

pyenv versions

3. Python3に切り替える

Python2から3に切り替えます。

まずは現在のバージョンを確認します。
何もしていなければ2.7.5から変わっていないはずです。

python -V

続いて、下記でPythonのバージョンをGlobal環境で切り替えます。

pyenv global 3.6.8

※local(指定ディレクトリ以下)も可能です。

3.6.8に変わっているか確認します。

python -V

変わっていれば終了です!
おつかれさまでした。

追加でPIP(Pythonのパッケージ管理ソフト)をアップグレードをしておいてください。

pip install --upgrade pip

アップグレードしておかないと、必要なモジュールをインストールできない時があります。

おわりに

今回の方法以外で、venvを使わずにPython2と3を同じ環境に入れて切り替える方法もありますが、かなり面倒だったので今回はこちらの方法を使いました。

もし、Pythonで使いたいバージョンやモジュールのバージョンの組み合わせが複数通りあると困りますよね?
Pythonのバージョンだけなら、指定ディレクトリでpyenv local 3.X.Xのコマンドを打てばいいのですが、それではモジュールのバージョンは管理しきれません。
そのために、次は各々のアプリ用のモジュールバージョン管理用にvenvを導入していきます。

この記事は、VPSで作るPythonでのWebアプリ運用環境の連載記事です。
次は、5. Python仮想環境venvの導入です。

-Web制作, Python, VPS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

swiftでゲームプログラミング(開始前)

iPhoneアプリを開発するために必要な言語「Swift」 そういえばこれまで適当な書き方で無理やり実装していたなと思い、教科書的なものを買いました。 初心者の人は独学でやるより、教科書買ってやった方 …

(VPSでつくる) Socket通信を使ったモダンなチャットアプリをFlaskで作ろう

連載第十三回目です。 今回は、チャットアプリを作っていきたいと思います。 チャットの想定としては、会員制、socket通信で滑らかにチャットできる、データベースにログを残すにしましょう。 ただのチャッ …

no image

[PHP]まとめ読みをPSRで改良する(2)

PHPのコーディング規則、PSRを学ぶをまとめました。 しかし、実際に作るとなるとまだまだです! やらなきゃ実際の所なんてわからんです。難しく見えてもね! 現行ページ(テストサーバー上) この記事の( …

(VPSでつくる) Nginx+PHPでHello World

連載第七回目です。 今回はGUIでデータベースを操作できるphpMyAdminのインストール準備のために、PHPという言語をインストールします。 この記事は、VPSで作るPythonでのWebアプリ運 …

Jupyter Notebook「7ブロック」でかんたん複数動画のフレームの切り出し(Movie To Image)

はじめに 機械学習のために、動画から画像のデータセットを取り出す必要がありました。 動画 → 画像の変換には多くのフリーソフトはありますが、 今回使おうとした「MOV」ファイルが読み込めるまともなフリ …