RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。

Web制作 Meisyo

[Meisyo]ver0.03へのアップデート

投稿日:2019年4月28日 更新日:

名将と呼ばれた者達、アップデートを行います。
大幅な変更をしたため、バージョンを0.02から0.03へ変更します。

変更点

1・各種表示の不具合の修正、改善
2・投手起用方法の不具合の修正
3・試合のエラー時の挙動が設計上の動作と異なっていた問題を修正
4・スキル付与アイテムの追加
5・スキル付与アイテムのドロップ開始
6・スキル付与アイテムの配布

各々の説明を下記に記載しました。

1・各種表示の不具合の修正、改善

異常な情報の表示(試合)、
数値の表示が冗長になっていた部分(カード詳細、練習)を修正しました。
加えて、記載内容の変更(カード詳細)を行いました。

さらに、試合でのスキルの発動がわかりやすくなりました。
「チャンス〇発動!」等の表示が出ます。

2・投手起用方法の不具合の修正

登板優先度が一切考慮されていない不具合を修正しました。
1(最優先)~9(一番後)で投手が登板されます。

【追記:04/30 17:10】投手の出る順番がおかしいということで調査したところ、ソート方法の異常が発見されました。正常化しました。

3・試合のエラー時の挙動が設計上の動作と異なっていた問題を修正

エラー時に、すぐに他守備メンバーが捕球できる問題を修正しました。

例:
フライをエラーする。

他の守備メンバーの守備範囲内の場合、捕球判定が実施される。

だいたいアウトになる。(エラーとは一体・・・)

この変更で、1エラーすることにより守備の大きな遅延が起こります。
そのため、外野がエラーするとすぐにツーベース、スリーベース等が起こります。
エラー回避がより重視される仕様となりました。

4・スキル付与アイテムの追加

先行追加していたチャンス〇以外に、スキル付与アイテムを追加しました。
常時発動するスキルもあれば、特定場面でのみ発動するスキルもあります。

$d['skill_list'] = [
  'chanceU' => 'チャンス〇,2・3塁にランナーがいるとき打力UP!(打力All+5)',
  'chanceU2' => 'お祭り男,2・3塁にランナーがいるとき血が騒ぐ!(打力All+10、他)',
  'speedU' => '速度〇,常に走力UP!(走力+3)',
  'speedU2' => '韋駄天,風のように迅く(走力+7)',
  'pitchD' => '威圧感,強い威圧感で相手の打者を委縮させる(敵打力-5)',
  'pitchU' => 'エース,エースとしての自覚で、高い投手能力を発揮する(投手力+5)',
  'pinchU' => 'ピンチ〇,2・3塁にランナーがいるとき投手力UP!(投手力+5)',
  'pinchU2' => '守護神,2・3塁にランナーがいるときに真価を発揮する(投手力+5、他)',
  'sfU' => '送球〇,送球速度UP!(肩力+5)',
  'sfU2' => '極刺殺,送球速度が尋常ではない(肩力+10)',
  'dfU' => '堅守,堅い守りをさらに高める(守備+5)',
  'dfU2' => 'いぶし銀,常に良い動き、良い守りをする(守備+5、他)'
];

選手の特徴をさらに強める等、戦略の幅が広がります。

5・スキル付与アイテムのドロップ開始

これまで入手が配布のみでしたが、スキル付与アイテムを
練習試合と模擬戦で獲得できるようにしました。
その他アイテムのドロップ調整(メインは上方修正)も行いました。

6・スキル付与アイテムの配布

お試しアイテムとして、速度〇、ピンチ〇、送球〇、堅守を全員に送付いたしました。
好きなキャラにお好きなアイテムを!

謝辞

新要素追加や各種不具合修正は、皆さんから頂いたコメント、メールをもとに行っています。
プレイデータもデータ分析を行い、バランスを取りつつ進め、楽しめるゲームを作っていければと思います。
よろしくお願いいたします。

-Web制作, Meisyo

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手書き数字診断士(機械学習)ver 0.1 K近傍法を使ってみた

手書き文字の判定精度が全然上がらないので、他の手法を試してみました。 sklearnの開発元によると、以下の方法が良いらしい・・・。 なるほど!SVCで上手くいかない → K近傍法だな! 早速実装 p …

no image

PHPでPC・スマホ・タブレット・携帯を判別するおすすめの方法

今まさにスマートフォン時代になってきています。 今月のアクセス解析 PHPでPCやスマートフォン、タブレット、携帯を判別してみましょう。 普通の判別法 $_SERVER[‘HTTP_USER_AGEN …

[Kaggle] Titanic 約80% by ランダムフォレスト

実力不足感が否めませんが、Kaggleのチュートリアル的なTitanicにおいてランダムフォレストで正答率約80%を出せたのでコードを載せておきます。 Colaboratory 実施期間:2019/0 …

no image

[PHP]まとめ読みをPSRで改良する(3)

(2)の記事から「PDO」を使い、データの通信をオブジェクト化しました。 password_hashを使い、パスワード処理の暗号化も行いました。 PDOを導入する一番の理由は「mysql_query」 …

特訓の追加について

練習に特訓を追加しました。 特訓の実装目的は、 1. 選手発掘の迅速化 2. 特定の選手の育成 です。 meisyoはステータスが絶対的ではないので、(なんとなく)良い選手を発掘することが重要です。 …