RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。データ分析(Python、機械学習コンペ他)や自作野球ゲームMeisyoのこと中心。

Web制作 Meisyo データサイエンス

[Meisyo]今後やっていきたいこと

投稿日:

Meisyoで今年中にやっておきたいこと
これさえやればDAU(日ごとのアクティブユーザ)が100人を超えるのでは?と思います。

まずは目的・内容を書いて、理由と考察を書きます。

目的

ユーザがゲームを長く楽しめるようにする
大きくは、
1・導入部(チュートリアル)の説明不足をなくす
2・育成序盤以降のコンテンツを充実させる

以上を追加していきたいと思います。

追加内容

・チュートリアルの追加
 練習〜試合まで一通り説明します。
 初期離脱の抑制がメインの目的です。
 サブの目的はストーリーがどう展開していくか、ちょっと気になってほしいというところ。
 今プレイしている人もプレイ可能になる予定です。

・ストーリー
 チュートリアルから始まる独自のストーリー。
 ゲドーくんと監督が中心となって進みます。(高校野球のマネージャーがゲドーくんって・・・。)

・シナリオ
 パワプロ・パワポケ系の公式戦再現
 1番目はパワポケ1を予定しています。

・NPCチーム編成機能の追加
 シナリオと模擬戦のコンテンツ増加の容易化
 これはできました。すでに4チーム作りました。1チームだいたい10分で追加できます。
 ユーザ側で編集・提案できる機能を作ってもよいかもしれない。一人で追加するのは時間的・知識範囲的に無理です。追加対象は野球なら何でもOK。パワプロ、高校野球、プロ野球なんでも可です。(予定)

・模擬戦の報酬増加
 総合力に比例して報酬がUPします。
 追加しました。
 強いチームへ挑む意味を追加して、「このチームに勝ちたい」目標を持ってもらいたいかなと。

・ログインボーナスの追加
 1日目:プロキュア1、2:モード1、3:選手P100、4:体力回復1、5:気力回復1、6:気合の塊5、7:プレミアムアカウント1day
 ログインでアイテムがもらえるアレです。
 そんなに豪華ではありません。だってプレイしてもらうのが目的だもの・・・。

・PHP(CakePHP)からPython(Django)への変更
 考える野球に分析ツールがなくてどうする!
 ということで、グラフ等が導入・編集しやすく、機械学習(回帰分析)等が使えるので良い選手の傾向がつかみやすい(分析しやすい)PythonのフレームワークDjangoに変更したいと思ってます。
 CakePHPがそろそろ退役してほしいのもある。ただし、これは時間かかりそうだ・・・。
 たぶんストーリー1・2章、シナリオ1つくらい作ったらこっちにシフトします。

追加理由

現在Meisyoでは大きく2つの問題があります。
1・初期離脱率が非常に高い
2・14日以降の離脱率が高い

図はこちら。

まず、定義としては以下の通りです。
day1:新規作成したユーザが1日後(24h~48h)の時間帯で行動した率。新規登録1日後継続率とする。
dayX:新規作成したユーザがX日後(24h*X~24h*(X+1))の時間帯で行動した率。
1to3:新規登録1日後継続したユーザのうち、3日後(72h~96h)も継続したユーザの割合。
AtoB:新規登録A日後継続したユーザのうち、B日後も継続したユーザの割合。

見えてくるのは、初期で離脱するユーザが80%以上。さすがにヤバイ・・・。
数多あるゲームの中でせっかくMeisyoに来てくれた(=やる気のあった)ユーザがすぐにやめてしまう。
「わからん殺しすぎるやろ」と。確かに始めは全く説明ないし。

次に、14to30が落ちてます。これは「慣れてきたけどやることないぞ」ではないかと。
「進歩が見えない」とも言うべきか・・・。
設定や選手発掘等意外とあるんですが、わかりやすいもの(シナリオやストーリー)がないことが問題だと思ってます。
1to3、3to7は異常なくらい高いのにね。

つまり、慣れれば楽しめるが続かない、最初はわからん殺しをしている状況だと。

・・・(^o^;) ただ、そういう感じが見えてきたので、追加頑張りまーす。
今は毎日30人前後の方に遊んでもらっています!ありがとうございます!

-Web制作, Meisyo, データサイエンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[Meisyo]各選手の試合成績の追加

試合成績を追加しました。 んーでもこれ・・・スマホだと右端見えるのか?

[Meisyo]ソースコードから学ぶ試合の基礎設計1

ワンボタンで監督始点の高校野球の試合を楽しめる名将と呼ばれた者達。その試合中には、多くのアルゴリズムが活躍しています。 ここでは、試合の設計を理解することで強いチームを作る指針を記載しておきます。 ソ …

駆け出しエンジニアは本当にフロントエンドエンジニアを目指すべきなのか

最近、駆け出しエンジニアをTwitter上で数多く見るようになりました。 ただ、揃いも揃って「フロントエンドエンジニア」になりたい(意訳)とプロフィールに書いてあります。 なぜでしょうか。 それは何が …

特訓の追加について

練習に特訓を追加しました。 特訓の実装目的は、 1. 選手発掘の迅速化 2. 特定の選手の育成 です。 meisyoはステータスが絶対的ではないので、(なんとなく)良い選手を発掘することが重要です。 …

pythonでシグモイド関数と階段関数の表示

ディープラーニング目指して初心者は今日も行く。 初見じゃ何もわからない初心者です。 シグモイド関数?階段関数??なにこれ。 シグモイド関数! 階段関数! 目で見たらわかりますね! コード シグモイド関 …

筆者情報

名将と呼ばれた者達(Meisyo)公式ブログ
ゆっくりとした時間間隔で進行する高校野球チーム育成シミュレーションゲーム。
個性豊かな選手たちを育成し、監督としてチームを優勝に導こう!

ご連絡はTwitter(R@おいす)でしていただけると、すぐ反応できます。

メインサイト:Rの考え方

気に入ったらクリックしてね!