RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。データ分析(Python、機械学習コンペ他)や自作野球ゲームMeisyoのこと中心。

Web制作 SQL VPS

(VPSでつくる) phpMyAdminインストール

投稿日:

連載第九回目です。

GUI上でMariaDB(MySQL)を触れるようにするために、phpMyAdminをインストールしましょう。

この記事は、VPSで作るPythonでのWebアプリ運用環境の連載記事です。
その他については上記ページをお読みください。

1. phpMyAdminインストール

前回の記事で指定したremiレポジトリを使っていきます。

yum -y --enablerepo=remi-php71 install phpMyAdmin

※もしPHPのバージョンを変更された場合は、php71を編集してください。

環境設定保存用のデータベースを作成しておきます。

vi /usr/share/phpMyAdmin/sql/create_tables.sql

コードを下記から、

-- (activate this statement if necessary)
-- GRANT SELECT, INSERT, DELETE, UPDATE, ALTER ON `phpmyadmin`.* TO
--    'pma'@localhost;

下記の通り変更します。

-- (activate this statement if necessary)
GRANT SELECT, INSERT, DELETE, UPDATE, ALTER ON `phpmyadmin`.* TO
  'root'@localhost;

※今回はrootユーザーをすでに作成しているので、このようにしています。

MariaDBにログインして、クエリを実行します。

mysql -u root -p
source /usr/share/phpMyAdmin/sql/create_tables.sql

権限関係のメモリリフレッシュを行います。

FLUSH PRIVILEGES;

Control+ZコマンドでMariaDBから抜けることができます。

2. Nginxの環境設定

PHP-FPMとNginxを接続するために、TCPUnix Socketの2通りの方法があります。(参考ページ
今回はUnix Socketを利用します。

まずは、PHP-FPMファイルの設定(/etc/php-fpm.d/www.conf)を変更します。

listen = /var/run/php-fpm/php-fpm.sock
listen.owner = nginx
listen.group = nginx
listen.mode = 0666

変更イメージは以下の通りです。

PHPの設定ファイル(/etc/php.ini)を変更します。

session.save_path = "/var/lib/php/session"

このセッションにNginxがアクセスできるようにしておきます。

sudo chown -R root.nginx /var/lib/php/session

最後に、Nginxの設定を変更します。
環境設定ファイル(/etc/nginx/conf.d/default.conf)を2点編集します。
(1)server{}内のlocation ~ \.php$内を変更します。

    location ~ \.php$ {
                fastcgi_pass unix:/var/run/php-fpm/php-fpm.sock;
    }

(2)server{}内にlocation /phpMyAdminを追記します。

    location /phpMyAdmin {
        alias /usr/share/phpMyAdmin/;
        try_files $uri $uri/ /index.php;

        location ~ ^/phpMyAdmin/(.+\.php)$ {
            alias /usr/share/phpMyAdmin;
            fastcgi_pass unix:/var/run/php-fpm/php-fpm.sock;
            fastcgi_param SCRIPT_FILENAME /usr/share/phpMyAdmin/$1;
            include fastcgi_params;
            fastcgi_intercept_errors on;
        }
    }

location ~ ^/phpMyAdmin/(.+\.php)$内にallow XXX.XXX.XXX.XXX(IP); deny all;をこの中に追記すると、指定IP以外のアクセスを拒否することができます。

変更イメージとしては以下の通りです。

sudo systemctl restart php-fpm
sudo systemctl reload nginx

3. 動作確認

下記のように表示されればOKです。

rootユーザーでのログインが可能かどうか確認ください。

設定を変更した場合は、php-fpm.sockを削除して、php-fpmなどを再起動します。

rm -f /var/run/php-fpm/php-fpm.sock

おわりに

phpMyAdminがインストールできました。
これにてデータベースの導入は完了です!

次は、FTPでファイルを送受信できるようにします。
これまではviエディタで色々と記載していましたが、この方法だと限界があるので変更します。

この記事は、VPSで作るPythonでのWebアプリ運用環境の連載記事です。
次は、10. WinSCPでFTP接続です。

-Web制作, SQL, VPS

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

[Meisyo]大型アップデート予定のお知らせ

名将と呼ばれた者達よりお知らせです。 下記アップデートを予定しています。 1・サーバーの移転(高速化) 今まで練習試合等で非常に時間がかかっていた問題が解消されます。 2・チーム名等の仕様変更 チーム …

Python可読性高すぎてすごい

コード ちょっと詰めて書いていますが year = int(input("あなたの生まれ年を西暦4桁年で表記してください:")) eto_list = (‘子’, ‘丑’, ‘寅’ …

ゲームのつくり方

何で書こうとしたの? ゲーム制作者が自由な記事を作る Advent Calendar 2021があったのでつい… 昔からゲーム開発の方法論を簡単にまとめたいと思っていましたが、いいきっかけだと思って書 …

(VPSでつくる) Let’s EncryptでVPS上のWebサイトをSSL(HTTPS)接続にしよう

連載第十五回目です。 いや~この連載、長かったですね。まとめに1か月近くかかりました。 今回は、これまで作ってきたVPS環境のWebサイトをHTTPS接続に切り替えます。 HTTPS接続に切り替えるた …

[Kaggle] Titanic 約80% by ランダムフォレスト

実力不足感が否めませんが、Kaggleのチュートリアル的なTitanicにおいてランダムフォレストで正答率約80%を出せたのでコードを載せておきます。 Colaboratory 実施期間:2019/0 …