RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。

Python

TensorFlow RNNで詰まるの巻

投稿日:

DeeplearningのフレームワークTensorFlowの学習まで漕ぎ着けました。
CNN(画像認識用と言っても過言ではない)はゼロから始めるディープラーニングでだいたいOK。
何度か読み返してわりとなんとか・・・。

実装面がちょっと困る。

なぜなら、数列の扱いに慣れていないからだろう。
行列の変形や逆行列の導出にちょっと詰まるくらいだが、スラスラ理解できるようにならねば・・・。

RNN(自然言語処理等の時系列把握)が詰まった。

なぜなら「突然の数式全開」

とりあえずまずは写経して、もう1度読む時に日本語訳しよう。

プログラミングはまず書くことが大事だと思います。割とマジで。

写経前「?????」

写経後「?????動いた!面白いけど謎」

読解中「あ!これやったやつやん~こういう理解でいいんか」

読解後「だいたいわかる!!」

出来ないって思ったら負けなんですよね。自分に負ける。それがだいたいの失敗理由だ。

-Python

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[Python] ディープラーニングのモデル「VGG16」を使って画像認識をし、判断した理由の可視化をする。

今日はデータ分析から趣向を変えて画像認識を行います。 やることは簡単。 1.撮った写真を使って画像認識させ、何が写っているか判断させる。 2.何が写っているかを判断した理由(位置)を可視化する。 以上 …

pythonのnumpyで遊ぶ

異常に奥が深いnumpyで遊びましょう!! import numpy as np 配列の形状変換 a = np.arange(int(np.floor(np.random.rand()*1000))) …

[python]決定木(CHAID)のテストと可視化(未完成)

意思決定のために使用される決定木分析 scikit-learnにはCART(giniまたはentropy)が採用されています。 これは2分岐しかせず、実務では単純すぎる、過学習させる等の理由から使われ …

[社内コンペ] 細胞画像認識 2019/02/01版(未完成)

これは何? 某社で行われている社内コンペのメモです。私の備忘録でもあります。 結果:3月末だそうです 現在の精度:63%(01/15) 記事としては未完成ですが、ある程度は記載しています。 今回の目的 …

[Python] tensorflow_datasetsで詰まったとき

「図解速習 DEEPLEARNING」で自己環境(Windows)で学習していました。 tensorflow_datasetsって何だ・・・? import tensorflow_datasets a …