RのWeb制作

Webサービス制作のための技術情報を。データ分析(Python、機械学習コンペ他)や自作野球ゲームMeisyoのこと中心。

データサイエンス データサイエンスおすすめ教材紹介【Skill Stacks】

【教材紹介】データ解釈学入門

投稿日:2022年1月11日 更新日:

「データ分析の初心者はこれを読むべし」と思う本です。なぜなら、データの解釈・観測をはじめデータサイエンスは難しい事柄が多く、かつビジネスで分析をする際に、初心者をはじめ分析者全員が陥りやすい罠があるからです。今回は、それらの落とし穴を正しく考慮するための理解しやすい書籍を紹介します。

名称


データ解釈学

著者

江崎貴裕

概要

データサイエンスは難しいです。特に、簡単に思われがちなデータの観測、収集、抽出、操作について説明されている書籍は多くはありません。その時点でその分析は無価値・・・というより、有害になりえます。
今回の書籍はそれらの基礎的知識をはじめ、分析とは何なのか、どう再現性(科学的姿勢)を担保していくのかを解説しています。

必要知識

なし

得られるスキル

測定, 誤差の分解, バイアス, 交絡因子, 因果関係, サンプリング, 記述統計量, 分布, 多変量データ, 信頼性, 再現性

その他の教材紹介ページはこちら → Skill Stacks

-データサイエンス, データサイエンスおすすめ教材紹介【Skill Stacks】

執筆者:


  1. […] 【教材紹介】データ解釈学入門 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

[Meisyo]育成方針の不均衡を減らすための分析

もともと問題視していた育成方針の選択数の不均衡。 なぜそれが起こるのかというと・・・、 使えない(と思いやすい)育成方針があるってことなんですよね。 詳しく見ていきましょう。 各方針の能力上昇(201 …

Skill Stacksの作成にあたって

Skill Stacksを書いている理由は、本をはじめとした教材の紹介サイトを作ろうと思っており、それが実際に求められていそうかを確認するためのテストマーケティング的な位置づけです。 「なぜ必要か?」 …

ゲームデータで学ぶSQL(初級編)

近年のデータサイエンスブームをきっかけに「SQLを学びたい」と思った方へ。 そう思ったところで、壁になってくるのは実データの入手です。 私は職業としてデータサイエンス関連の業務に従事していますが、キレ …

ヒストグラムの階級数を決める方法論

データ分析業務ははっきり言って泥臭い。 分析の設計を行い、可視化を行ってから使えるデータかどうか判断できる。 そもそもそれはデータ分析前の話なのだが。 今回は、可視化の中でもデータの傾向を把握するのに …

【Meisyo】ステータスバランス調整

はじめに Meisyo+ お知らせ ステータスバランス調整予定のお知らせの詳細を記載します。 下記の順番で対処を行いました。 ②本塁打率が高すぎる。 ①打率平均が低すぎる。 ③長打(二塁打・三塁打)が …